2015/03/23 22:05

本日は、クラウドファンディングで引換券を購入いただいたかたの絵をご紹介します。


Shopではただいま「似顔絵」を準備しているのですが

私も作家も試行錯誤なので…モニターも兼ねていただきました。

4月からは作家:村井紘一 お地蔵さまのポストカードが店頭に並ぶ予定です。


さて、似顔絵のご希望は「家族全員」です。

死産で生まれたお子さんも、もちろん一緒。

お母さんは、お子さんの“目を開けている顔を想像できない”と仰っていました。
作家の村井さんも、途中まではその姿を描けなかったそうですが

描いているうちにお子さんの顔が浮かんで…“描いちゃえ”と思ったそうです(笑

 

お母さんは『これから思い浮かべる息子の顔がこの絵になるから嬉しい』と感想を寄せてくれました。

〜感想〜

絵の中の息子は少し成長し、可愛らしい笑顔です。

目を開けた顔を見たかった、会いたかった、という気持ちが少し救われました。

3年経った今だから、この絵を温かい気持ちで見ることができるんだろうな

とも思います。

今、このタイミングで、このような体験ができたことに感謝します。

_______________________________________________________________

 

「タイミング」というものは、早すぎず遅すぎずにやってきます。

結果が悪いように思えて、災難を避けられたり

困難な経験が後に大きなものを得るきっかけになったり

進むべき所へエサを撒かれたようにトントンと進むことも。

 

今、笑えないならそれはタイミングではないのかもしれません

罪悪感を持たずに思い切り泣けますように。

泣いたあと見上げるそらが、綺麗に見えますように。

 

 

今もこれからも試行錯誤ですが

私自身が妹を描いていただいてとても嬉しかったので

皆さんにもお届けしたいなと思っています。

 


作家:村井紘一さんのFacebookから引用 


☆心の似顔絵☆
38週目で天国へいったおこさん。もし今も生きていたら....
5歳のあの子の笑顔はこんな表情していたのかもしれない。
写真ではなし得ない、
「アート」だからできうる心の似顔絵。お地蔵様を今まで
描いていて本当に良かった。
明後日、直接家族に渡してきます。
Special Portrait pics for their sun who passed away 6 years ago.
How he would smile for his father and mother and sisters?
if he have alived.
I am going to give it to family on 15th March.
☆☆☆
アメリカの大御所アーティストさんから始まったアートチャレンジ。
世界に活躍する着物ドレスデザイナーの下澤ゆうすけ氏のノミネートでこれから5日間挑戦します^ー^
☆☆☆